地域と共に医療と介護を提供する

日本平病院
トップページ > 日本平病院 > 先輩インタビュー

先輩インタビュー

ここでは、当院看護部で活躍している看護師の鈴木千夏さんにインタビューをしました。当院や精神科看護に興味のある方の参考になればと思います。

一人の人間として、尊敬と思いやりの心をもって接するよう心掛けています
鈴木千夏(すずきちか)
急性期病棟


当院へ入職するまでの経歴
総合病院の消化器内科、消化器クリニックを経て、以前より興味のあった眼科レーシックのオペ室に勤務していました。


当院へ入職したきっかけ
結婚のため静岡に転居する際に、派遣登録していた担当者の方から「鈴木さんは精神科に向いているのでは?」と勧められたのがきっかけです。


当院の印象
患者様たちが穏やかに入院生活を送られていると思います。


現在勤務している病棟
比較的入院して間もない患者様が多い急性期病棟です。


職場の雰囲気
業務内容が多く忙しいけど、皆で協力し合っています。幅広い年齢層の職員がいますが、意見のやり取りを行える雰囲気がありますね。


病棟勤務でのやりがい
看護師としての働きかけで患者様の病態が改善していくことにやりがいを感じています。また、あまり変化のない入院生活の中で、患者様と共に小さな喜びを発見し、共有できることもやりがいを感じますね。


子育てしながらの勤務
子育ての先輩も多く、子供が急に発熱した時などで早退やお休みすることに対して理解がありますので、とてもありがたいですね。


精神科看護で特に気をつけていること
患者様がどんな状態であっても、一人の人間として、尊敬と思いやりの心をもって接するよう心掛けています。


最後に一言
精神科看護が自分に合っているか不安な方もいらっしゃると思いますが、実際に働いてみると違和感なく働けると思います。当院でも精神科未経験で入職した職員がたくさんいます。「精神科なんて怖い」「自分には合わない」と決めつけず、ぜひ一度、ご見学や説明を聞きにいらして下さい!



看護部の一日
先輩インタビュー
Q&A